株式会社SonicGarden(ソニックガーデン)
お問合せ

募集と採用について

Join us 4d59d967c7f0a6c6fb247aa0fd05bf8d2e6dbfd1c332206ea2b122dd37ff5d5c

私たちソニックガーデンでは、 一緒にビジョン実現のために取り組んでくれる方を募集しています。 一般的な応募要項よりも、 私たち自身の考え方や価値観、 目指すキャリアなどに共感してもらえるところから始めたいと考えて、 ここで文章として用意しました。

応募しているのは一緒に働いてくれる「顧問プログラマ」です。 雇用契約を結ぶ中途採用の他に、フリーランスや会社員のままでも働ける契約形態もあります。 まずは読み込んでいただいて、その上で気に入ってもらえたなら、ぜひ申し込みをしてください。

ナレッジワーカーとしての
プログラマ

私たちの考える「顧問プログラマ」は、ただコンピュータに文字を打ち込むだけの仕事ではなく、 ソフトウェアそのものの企画から、関連するすべての設計、そしてコーディングと、動かすための運用までの、 ソフトウェアエンジニアリングのすべてを行う仕事です。

ソフトウェア開発は、これまで様々な観点で分業が行われてきました。 分業化の一番の狙いは、スキル習得にかかるコストの効率化です。 また、工程に特化することで低いスキルの人でも品質を一定に保つことができるのであれば、人を集めることも容易になります。

それらは、ソフトウェア開発の工業化を目指した結果です。 しかし「誰がやっても同じ」ことを目指した工業化は、働く人たちのモチベーションや成長意欲を下げることになってしまいます。 私は、工業化を進めることは間違っていたのではないか、と考えています。

ソフトウェア開発は、ロボットに置き換えられるような仕事ではなく、あくまで人がする仕事です。 同一品種の「大量生産」をするものではなく、一品物を作っているのです。 そう考えると、ソフトウェア開発は製造業ではなく「ルーチンワーク」ではありえません。

私たちの考えるソフトウェア開発とは再現性のない「問題解決」の仕事です。 マニュアルなどなく、それぞれの状況に応じて最適な答えを導きださないといけない仕事、必ずしも正解があるわけではない仕事です。 こうした仕事は「ナレッジワーカー」と呼ばれます。

私たちの仕事はあえて「属人性」を重視しています。 マニュアルがなく自身の知恵と知識と経験から価値を産み出す仕事をしてもらうのに、属人性の排除をするのはナンセンスだと考えています。 誰にでも出来る仕事をしたいならそういう会社に行けば良いでしょう。

しかし、私たちは「あなたにしかできない仕事」をしてもらいたいし、 自分だからこそできる仕事をしたいと思う方にこそ、一緒に働いて欲しいと考えています。

一生の仕事となる
プログラミングとは

私たちが取り組んでいる「納品のない受託開発」は、ただソフトウェアの開発をして納品をしない、ということではありません。 その本質はお客様の顧問として相談に乗りつつも、その相談に乗る担当者自身がプログラミングまでしてしまうというところにあります。

だから、ある側面ではお客様にとってのコンサルタントでなければなりません。 手を動かすコンサルタントでもあり、問題解決ができるプログラマでもあるのです。 私たちの取り組むこの職業を「コンサルティングプログラマ」や「顧問プログラマ」と呼んでいます。

「プログラマを一生の仕事にする」というビジョンを持つ私たちにとって、どういった価値を提供すれば、 この先もずっとやっていくことができるのか考えた結果です。 このように問題解決する仕事であれば、時代が変わったとしても生き残っていくことができます。

問題解決の仕事に求められるのは、ただ技術が好きでプログラミングだけ出来れば良いというのではなく、 人と対話できることです。ソフトウェアは、人とコンピュータを結びつける手段です。 プログラミングと人を喜ばせることの両方が好きなことが大事なのです。

「顧問プログラマ」では、お客さまと直接やりとりをするのでお叱りも喜びの声も、 すべてダイレクトに届きますし、すべての判断を自分自身でしなければなりません。 自分の仕事に大きな責任が伴うのは大変ですが、同時に大きなモチベーションの源泉になります。

こうした働きかたは技術者にとって天国ではないかと思って採用の応募に来られる方もいらっしゃいますが、それは大きな誤解です。 確かに働きやすくやり甲斐もありますが、見るべき範囲も責任も大きくて、常に学び修行を続けなければいけず想像以上に大変です。

だから、決して天国なんかではありません。 しかし、一生の仕事としてやっていく覚悟があり、高みを目指そうという技術者にとっては最高の舞台とも言えます。

「納品のない受託開発」に
おける仕事

「納品のない受託開発」を担当する「顧問プログラマ」の仕事は、すべての工程ができ、コンサルティング能力も求められる、 とても大変だけど、同時にやり甲斐もある仕事です。 そして、この仕事の中心は、プログラミングができること、コードが書けることです。

私たちが問題解決をする手段は、ソフトウェアです。 ソフトウェアを形作るのは、仕様書でもマニュアルでもなく、プログラムのソースコードそのものであるはずです。 そうであれば、プログラミングができることは、外すことのできない大事なスキルになります。

だから、私たちが考えるキャリアパスには「プログラマ」しかありません。 プログラミングの技術を磨き、それを土台にして出来ることを広げていきます。 プログラミングはキャリアの過程として考えていません。 分業ではなく、一人の出来ることを広げていきます。

すべての工程を担当し、お客さまの顧問としてすべての相談に応えるのが「顧問プログラマ」ではありますが、 すべてにおいて一人の人間に完璧さを求めている訳ではありません。 人間には得意不得意があります。それらをカバーしあうためにチームがあるのです。

「納品のない受託開発」では、顧問としての担当が一人ついて責任を持つのはお客さまから見た仕事で、実際にはチームとして助け合って仕事をしています。 チームとなることで人的リスクへの担保にもなり、お客さまにも安心して頂けます。それが会社の価値です。

だから、一匹狼のような性格では私たちと一緒にはやっていけません。 一人ですべて出来る実力を持ちながらも、お互いの得意なところを伸ばすために助け合っていくのが私たちの考えるチームワークです。 チームに貢献する意思、仲間を尊重する気持ちが大事です。

チームの一員として一緒に働く上では、どれだけ高いスキルよりも、人間性を重視しています。 お互いに高みを目指し、切磋琢磨しあえる仲間を迎えたいのです。

なぜ「顧問プログラマ」を
広めるのか

「顧問プログラマ」という仕事を、ナレッジワーカーとしてプログラミングという職人的かつ本質的な手段をもって、 誰かの難しい問題を解決する仕事とするならば、それはこの先の社会において、最も必要とされる職業の一つになるのではないか、と考えています。

これからの日本の社会が避けて通れない局面は、人口減少・高齢化という現象です。 そうした中で大量生産や頭数で勝負するような産業は生き残っていけません。 これからは頭数や体力勝負ではなく、歳を経ても培った経験を活かして価値にする仕事が求められます。

そう考えると、誰かの難しい問題を解決する「顧問プログラマ」の仕事こそ、若さや体力だけでなく、 こなしてきた経験を自らの引き出しにして効率化し、短い時間でも高い価値を創りだすことのできるような、 歳をとっても続けていくことの出来る仕事と言えます。

プログラミングまで全てを担当して、問題解決するような仕事ができる場所が、これまでの業界にはあまり存在していませんでした。 コンサルタントでもなく、プログラミングだけでもない、そんな仕事をできる場所を作ろうと「納品のない受託開発」を始めました。

「納品のない受託開発」で働く「顧問プログラマ」の仕事は、派手な仕事ではありません。 大儲けができる訳でもありません。 それでも、お客さまに喜ばれ、仲間と成長しあい、なによりも家族や夢など自分の人生を大事にする時間を持てて、続けていける仕事です。

ソフトウェアで人を幸せにしたいし、世の中を良くしたい。 ソフトウェアを必要とするお客さまの、大切なパートナーになりたい。 そうして、ソフトウェアを作っていくことを一生の仕事にしたい。 そんな思いをもったプログラマを、もっと応援していきたいのです。

私たちのミッションは、事業をつくりたい人たちをソフトウェア技術で支えるパートナーになること。 そして、そんな仕事が当たり前の世界にすることがビジョンです。 私たちソニックガーデンでは、一緒にビジョン実現のために取り組んでくれる方を募集しています。