株式会社SonicGarden(ソニックガーデン)
お問合せ

選ばれる4つの理由

選ばれる4つの理由

「納品のない受託開発」の事業を2011年からずっと続けてきて、お客さまに特に喜んで頂いているポイントが4つあります。それらは私たち自身も強みと認識していて、多くのお客さまにより一層満足して頂くために、これからも日々磨いていく部分でもあります。

優秀な人材を厳選し育成している

「納品のない受託開発」でお客さまに期待して頂いている点の一つは、ソニックガーデンをパートナーに選べば、間違いなく経験を積んだ腕利きのエンジニアが担当につく、ということです。お客さまの代わりに、エンジニアの見極めと育成を期待して頂いています。

そのため、私たちソニックガーデンでは、ソフトウェアに関するエキスパートを揃えるということに腐心しています。しかも、ただ言われたことを作る人間ではなく、事業立ち上げの知見を持ち、プログラミングの腕も確かで、コンサルティングもできる人たちです。

そうしたメンバーを揃えるために、私たちは高い採用基準と長期の教育投資を行っています。応募から一人前の顧問プログラマになるまで約1年以上を採用と教育の期間としてかけています。多くの応募者から一人前まで辿りつけるのは、ほんの一握りとなります。

非常に狭き門ではありますが、お客さまに満足して頂くために、技術力やコンサルティングのスキルだけでなく、人間性や仕事に対する姿勢、振る舞いに至るまで、徹底的に磨き上げています。そうして一人前になった後も、さらに高みを目指して腕を磨き続けます。

私たちソニックガーデンは急成長・急拡大をせずに長期的に続けていくという経営理念を持っているため、しっかりと時間をかけて人を育てて、本当に一人前と認めた人間だけをお客さまの前に出すことができるのです。それを続けてきたことが、私たちの強みです。

事業の立ち上げ経験が豊富にある

「納品のない受託開発」の多くのお客さまは、事業を立ち上げたいがエンジニアが社内にいないケースでご相談にいらっしゃいます。そして、その事業においてソフトウェアで何を作れば良いか手がかりもない状態です。私たちはその段階から一緒に検討を行います。

事業を立ち上げる経験など、そう何度もあるものでもありません。私たちのお客さまも事業の立ち上げ経験が豊富というよりも、その立ち上げ方を模索しながら進める方が多いです。そこで、お客さまに期待して頂いているのは、事業立ち上げの経験があることです。

私たちは事業をつくりたいお客さまのパートナーとして、ビジョンやミッションを共有した上で最初の事業計画の段階から関わらせて頂いています。そして、その過程を何度も経験することが出来ているため、事業立ち上げのノウハウを蓄積することができるのです。

もちろん新規事業なので必ず成功する方程式などありませんが、陥りやすい状況や課題などは共通していることも多く、そこで知見を提供することができます。私たちの得意とする進め方は、小さなトライ&エラーで仮説検証を繰り返して、無駄なく進める方法です。

そうした進め方は一般的に「リーンスタートアップ」や「アジャイル」と呼ばれています。私たちはそうした手法のエキスパートでもありますが、本質は納品をなくしたことで、お客さまがビジョンを達成するまで、ずっと付き合っていく覚悟があるということです。

チームとして継続的に対応できる

「納品のない受託開発」では、一人のエンジニアが「顧問プログラマ」という立場でお客さまのチームの一員のようにして価値を提供させて頂いてます。しかし、ただ一人のエンジニアがいるということではありません。私たちは会社でありチームとして対応します。

最も柔軟にソフトウェアの開発と改善をしていきたいのならば、社内に腕の立つエンジニアを雇用することでしょう。もしくは、開発のリソースとしてだけ見るならば派遣やフリーランスのエンジニアと契約すれば良いかもしれません。しかし実際は問題があります。

どんなに優秀な人間でも得意不得意はあります。一人のエンジニアでは起こりうる様々な問題に対処するには時間が足りません。かといって、不得意を補うために二人目を雇うのは大変なコストとなります。また、たった一人に依存するのは継続にリスクを伴います。

「納品のない受託開発」では、チームを組んで仕事をしています。チームとなることで顧問プログラマをする担当者の不得意なところをカバーしあったり、病気や休暇でも対応することができます。腕利きのプログラマが集まったチームが事業を支えてくれるのです。

さらに企業なので、いなくなるということもありませんし、むしろ担当者の数も柔軟に増減させることができます。人を雇ってしまうと簡単に変えることも辞めさせることもできませんが、そうしたリスクを負う必要はないのです。安心して事業に邁進してください。

受託開発に本気で取り組んでいる

私たちソニックガーデンが「納品のない受託開発」というビジネスモデルを発明したのは、従来の受託開発ではお客さまも開発者も誰も幸せになっていないという現状を変えたいという思いがあったからです。受託開発にイノベーションを起こしたいと考えています。

「納品のない受託開発」を自社で実践していくことでより多くの実績を生み出し、ビジネスモデルの改善を行いながら、取り組むことのできる「顧問プログラマ」をひとりでも多く育てあげ、さらに多くの困っているお客さまのパートナーとして力になりたいのです。

受託開発に本気で取り組んでいるからこそ出来ることがあります。お客さまの継続的なパートナーであるために、新しい顧客の獲得よりも既存のお客さまに満足をして頂くことを重視し、高い品質を維持するために人材の準備が整うまで案件をとることさえしません。

ソフトウェア開発をする会社の中には、自社サービスで成功することを夢見つつも、食べていくために受託開発をしているところも少なくありません。しかし、そんな姿勢で本当にお客さまの助けになるでしょうか。受託開発という事業を改善することもありません。

私たちは会社の事業として受託開発をやめるということはありません。私たちは、受託開発を通じてお客さまのパートナーとして事業の成功に寄与したいし、ソフトウェアをつくることで情熱を持った事業家を助けていきたいのです。それが私たちのミッションです。

なぜソニックガーデンは「納品のない受託開発」を実現できるのか

「納品のない受託開発」を実現するためには、これまでのソフトウェア開発のビジネスで求められてきたスキルや品質と大きく異なる考えかたが求められます。さらに、企業としての経営戦略やマーケティング戦略、社内のマネジメントや評価指標までも異なります。

おそらく従来の受託開発をしている企業がただ真似をしてもうまくはいかないでしょう。事業の構造全体を変えてしまう位のことが必要になります。ではなぜ私たちソニックガーデンは「納品のない受託開発」を実現することが出来るのか、それについて補足します。

ソフトウェアビジネスの分類

ソフトウェアビジネスの分類

上記の図は、ソフトウェア開発における業態を4つに分類したものになります。図中の左右に分かれているのが「解決する手段」で、上下に分かれているのが「提供する手段」です。

「解決する手段」として、左側は、顧客ごとに抱えている課題を解決するために専用に作り、一社ごとにお金を頂くビジネスです。一方で右側は、多くの顧客が抱える一般的なニーズを汲み取って自社で企画をして開発し、複数の企業からお金を頂くビジネスです。

「提供する手段」として、下側は、昔ながらの納品してお金を頂くビジネスの分類です。顧客は購入すると自分の持ち物にすることができます。上側は、クラウドで提供されるソフトウェアのことで、顧客は自分のものにするのではなく利用するという形で使います。

「納品のない受託開発」は、この図中の左上にあたりますが、この領域のプレイヤーは数多くはありません。この領域でやっていくには「オーダーメイド」であり「サービス」でもあるという組み合わせが必要で、その両方のノウハウを持った企業が少ないからです。

私たちソニックガーデンは大手システムインテグレーターの社内ベンチャーとしてスタートしました。私たちの根底にあるのは左下の「オーダーメイド・製造納品」の領域です。受託開発の世界にどっぷりと浸かって、その進め方も課題も把握することができました。

一方で社内ベンチャーで取り組んだのはクラウドを使った新規事業で、それは右上の「プロデュース・サービス」の領域でした。サービス型のビジネスにおけるマーケティングの難しさも、継続的な改善の大切さも、そのための保守性と継続性の重要さも学びました。

このように、オーダーメイドでのソフトウェア開発の経験と、サービスビジネスを展開するソフトウェア開発の経験があり、また新規事業を立ち上げて軌道に載せるという経験も持ち合わせていることが、私たちが「納品のない受託開発」を実現できている理由です。