株式会社SonicGarden(ソニックガーデン)
お問合せ

プログラマたちの声

私たちソニックガーデンでは一緒に働く人が誰か、ということを大事にしています。 私たちが一緒に働きたい人を選ぶと同時に、応募者にとっても魅力的でありたい。 私たちのことを知ってもらうには、中で働く人たちのことを知ってもらうのが一番だと考えました。

ここでは、顧問プログラマとして「納品のない受託開発」に取り組んでいるメンバーが、 どういったスタイルで仕事をしているのか、仕事に対する考えなど紹介しています。 また、会社で行っている社内行事やイベントを通じて、会社のカルチャーを紹介しています。

プログラマたちの声

Maeda

前田 直樹 顧問CTO

納期を定めないことにより、一定のペースで仕事が出来るようになり、精神的にも肉体的にも追い込まれるようなことが減ったと感じています。安定した収入を得ながら好きなことを仕事に出来るというのは何事にも変えがたいと感じています。

作るものに対して、当事者として積極的に関わり、自ら提案できるようになりました。いつどのように仕事を進めるかという裁量がかなり大きくなりましたが、これは言い換えると、何かあればいつでも対応しないといけないということでもあります。

Ueda

上田 幸哉 業務ハッカー

ソニックガーデンの掲げるビジョンやミッションには共感していたので、このような環境・方向性のもと仕事ができるようになったことがとても嬉しいです。

基本はソフトウェア・システムでお客様の問題や悩みを解決するので、その基盤となる技術力は基本中の基本です。しかし、それだけではダメで、プラスしてお客様と同じ方向を向いて一緒に進むという意識・考え・習慣がとても大切です。 向かう道を見定め、目の前のひとつひとつの課題を乗り越え吸収することが、今の自分のすべきことです。

Nishimi

西見 公宏 顧問CTO

「納品のない受託開発」では契約が続く限り、エンジニアがプロダクトの動作に責任を持ちます。つまりエンジニアとして最善だと思えるものをお客様に提供できるようになったので、これはエンジニアとしてはとても嬉しいことなのです。

エンジニアとして最善のものを提供できるようになったので、気兼ねなくエンジニアとしての研鑽を積み続けることができます。 エンジニアとしての価値=自分の仕事の価値になったことで、エンジニアとしての将来にも不安がなくなりました。

Ito

伊藤 淳一 顧問CTO

「納品のない受託開発」は毎月定額、つまり、毎月作れる量が決まっているので、優先順位を付けざるを得なくなるんです。その結果、お客様もプログラマも本当に必要な物を探します。 お客様にもエンジニアにも余計なことをしなくなりました。システムそのものも研ぎ澄まされていくと感じています。

お客様のビジネスに踏み込んで考えて意見を出すようになりました。お客様とは「一心同体、二人三脚」という感覚です。自分の作ったプログラムが誰にどうやって使われているのか分かることで、作ったものの価値を実感できるし、やり甲斐にも繋がっています。

tanaka

田中 一紀 業務ハッカー

納期に間に合わせるために無理を強いられていた従来の開発とは違い、納品のない受託開発ではお客様とのコミュニケーションに重点を置いてお客様の要件の優先度が高い機能を少しづつ開発していくアプローチをとります。優先度が低い機能は開発の経過とともに機能自体が必要ないと判断されることも少なくなく、せっかく機能を開発しても使われないという状況も回避できて効率的に開発を進められます。

業務ハックは実際にお客様の業務がどのように変化してどれだけ効率化できたか実感しやすく、結果が見えやすいので非常にやりがいを感じることができます。

お客様から感謝の声を頂けると開発のモチベーションにつながります。

gi3

髙木 咲希 業務ハッカー

納品のない受託開発ではお客様とエンジニアが直接コミュニケーションをとることが出来る点に魅力を感じています。特に私が担当している社内システムの開発においては、実際にシステムを利用している方と顔を合わせてお話することが多いです。そのような機会は開発を行う上で重要なインプットになっていると感じていますし、開発者としてのやりがいにも通じています。

顧問プログラマは求められる技術や知識の幅が広く、難しいと感じることもあります。一方で広いからこそ様々な経験が活きると感じていて、どう活かせるのかを日々考えながらお客様と向き合っています。

Nogami

野上 誠司 顧問CTO

将来に対して、ある程度なんとかなるだろうという感覚が持てるようになったのかもしれません。今の仕事のやり方でより価値を出せるよう精進していけば露頭に迷うことはないだろうという自信がついたのだと思います。

お客様のチームとして、お客様のビジネスを成功させることだけに集中できるようになりました。お客様のプロジェクトに対して、お客様と同じ方向だけを向いて進めていけることで、ストレスはなくなりました。

総合的に自分らで判断して仕様を作るので、作ってても楽しいです。「納品のない受託開発」では、毎週、お客様に成果を見せる必要があります。お客様に満足して頂ける結果を作り続けることで、月額定額が成り立っているからです。

Ohno

大野 浩誠 顧問CTO

私が従来から感じていた受託開発の課題が「納品のない受託開発」にはありません。自分が気持ちよく・効率的に仕事をすることとお客様に価値を提供することが同じ方向を向いているため、モチベーションを下げることなく仕事ができています。

メンバーは皆一定の技術力を持ちながらもそれぞれに得意分野をもっているので、あまり得意ではない領域では得意なメンバーに助けてもらいつつ、自分の得意分野では皆を助けるという良いチーム関係が築けています。

技術を磨くという点では見習うべき人が近くにいることで自分の成長の助けになるし、サービスを提供するという点では、自分の後ろにチームがいることでより自信をもってお客様と接することができていると感じています。