株式会社SonicGarden(ソニックガーデン)
お問合せ

ビジネスの成長を支える
ソフトウェアを
顧問スタイルで提供

作って納品して終わりの関係ではなく、お客さまのビジネスに必要なソフトウェアの企画から、開発・運用のすべてを顧問のような形で担当し、ずっとビジネスの成長を支え続けていきます。

こんなことにお困りではないですか?

事業を立ち上げたいが、
エンジニアが採用できない
事業を一緒に立ち上げた
エンジニアが去っていった
システム会社は事前の
要件定義が必要で費用が高い
Down arrow 675dcd042c127ee040d5f55639432b7eeefe6b144f4ab457040d7c19fc3bba0e

私たちが解決できます!

「納品のない受託開発」では、月額定額の顧問スタイルで、作るものが決まっていない段階から相談に乗ります。そして小さく始めた後はビジネスの成長にあわせて、ソフトウェアも育てていきます。

それはまるで優秀な開発チームを持つことができたような感覚を持って頂けることと思います。事業をつくりたい人をソフトウェア技術で支えるパートナーになることが私たちのミッションです。

私たちの提供する「納品のない受託開発」とは、これまでにない全く新しいソフトウェアの作りかたです。

4つのメリット

Merit 1 52c6915cd71a3f7a87cb19e46a4c2ab46d33e1c4a1117aa378efa026a17ac234
要件定義が不要! いつでも仕様変更や順番変更ができる
Merit 2 261fa8ab26925b1f2960b0e8f617ca525bc08b2643049f82ec2230dc3b2adb60
設備投資が不要! 最初から動く画面で動作確認ができる
Merit 3 4afbe6e26b64387c873bf20bb0d85d425a238e1a10f2b47c66cd2f46d1bafec4
引き継ぎが不要! 運用中でも開発を続けることができる
Merit 4 2ccb4e965b5af322950824086e76b430b17ec7aa9d1f202c5137cc127535621b
見積もりが不要! 専属の顧問としてどんな相談もできる

お客様の声

User voice a17172d9ee167ae4d56cf21ebb6e7ae69a2b12cb98d0f1877d32c99927777377 株式会社AsMama
代表取締役社長
甲田恵子

世の中の多くのシステム会社は、受注したシステムを作ることが目的だけど、「納品のない受託開発」の場合は文字通り「納品がない」ので、システムを作ることが目的ではなくて、AsMamaが実現したい世界を成り立つようにする、そのための仕組みを作ることが目的だ、ということです。ソフトウェアを作って終わりではない。

「納品のない受託開発」のいいところは、こちらのビジョンを大切にしてくれること。普通の開発会社は、そんなことはどうでもよいとまでは言いませんが、軽視しているんじゃないでしょうか。ソニックガーデンは、そういうことこそが本当に大事だと言ってくれます。別の表現をすれば、経営目線があるんです。いわば社外取締役みたいな存在です。

本当にわが社にもCTOができた、と思っています。古臭い言葉で言えば、同志のような存在です。

選ばれる4つの理由

開発者からのメッセージ

Matsumura 2014 5c2cc05aa94a63dac7f67c80ea83fce78b65b16f84c9800ca0b6d667afe44325
顧問プログラマ
松村 章弘

納品のない受託開発は、お客様と一緒にサービスを作り上げていくことができるのが、エンジニアとしての一番の楽しみです。

定額で価値をお約束する我々のサービスは、より価値を提供するためには無駄なものは作れないという制約があります。それを実現するためには、お客様と作るものを考える際に、率直な疑問・厳しい質問がエンジニアから出来ないといけないと考えています。

もちろん、そういったディスカッションをするには、お客様の業務を理解し、信頼していただけるように価値を提供し続けていってこそ、そのような話ができると思っています。

お客様とそのような関係を築き、一緒に良いサービスを作っていきたいです。

Nishimi 2015 602df4ef45cd6fb8b465f40a2dcdc58e810ac1feaf30d2606a23dca7582ee98c

顧問プログラマ
西見 公宏

「納品のない受託開発」の開発者は、お客様の問題を解決することを最も得意としています。

テクニカルな問題だけでなく、例えばアクティブユーザー数を増やすためにはどんな施策が考えられるかなど、より事業に近い問題に対して各種事例を通じて費用対効果の高い解決策を考えることを得意としています。

お客様のビジョンを深く理解した上で一緒に解決策を考え、それを実行に移して行けることは、開発者としてこの上ない喜びです。

このような関係を作る上で一番大切なことは、日頃よりお客様から気軽にご相談いただけるパートナーであることだと思います。唯一無二のパートナーとして、是非一緒に事業を推進していければと考えています。

もっと知りたい

Social change2 05611beedab3a468753a18d253232b0ff11a202a4745b7a20ba67d9d785a4d1b

株式会社ソニックガーデンの創業者、代表取締役社長 倉貫義人のブログ

「納品のない受託開発」に取り組む”株式会社ソニックガーデン”の代表を務める倉貫義人のブログです。 倉貫自身の言葉で、人材育成からマネジメントまで、ソニックガーデンの経営哲学とノウハウについて、日々の学びから記事にしています。

納品」をなくせばうまくいく ソフトウェア業界の常識を変えるビジネスモデル

書籍 「納品」をなくせばうまくいく ソフトウェア業界の常識を変えるビジネスモデル

本書では、IT業界のソフトウェア開発で起きる様々な問題に対して、「納品をなくす」という斬新なアプローチで解決できるのではないかと考えて経営し実践してきたことを、一冊にまとめました。

私たちの想い

Social change b53d299df587a1c7322071c5f93d0120147dcd1a4940e9aea7cefabdf8114b6d 株式会社ソニックガーデン
代表取締役
倉貫義人

私は、これまでソフトウェアの受託開発の業界に15年以上携わってきました。そして、多くの開発プロジェクトで、様々な問題が起きているのを目の当たりにしてきました。

特にソフトウェアを使い始める段階になって使いにくかったり、使われない機能があるなど、それを直すにも、もはや人もおらず改修には非常にコストと時間がかかります。

そうした問題は、そもそもが発注者と受注者の目指すゴールが、納品することか、その後に利用することなのか、すれ違っていたことに起因していると考えました。

このすれ違いを解消するために「納品をなくせばうまくいく」のではないかという仮説のもとで始めたのが、月額定額で顧問スタイルで提供する「納品のない受託開発」です。

納めて終わりの一時的な関係ではなく、最初から最後まで担当し、お客さまの一員としてビジネスの成長に貢献したいと考えています。そして、そういった関係を持てることは、担当する開発者にとっても、非常にやりがいのあることでもあります。

ソフトウェアを求めるお客さまと、ソフトウェアを提供する開発者の両方を幸せにすること、それが私の目指すソフトウェア開発の姿です。