株式会社SonicGarden(ソニックガーデン)
お問合せ

納品のない受託開発

お客さまのパートナーとして
ビジネスの立ち上げに必要なソフトウェアの
企画開発から運用まですべて請け負います。

くわしく

ビジネスの成長を支える
ソフトウェアを
顧問スタイルで提供

作って納品して終わりの関係ではなく、お客さまのビジネスに必要なソフトウェアの企画から、開発・運用のすべてを顧問のような形で担当し、ずっとビジネスの成長を支え続けていきます。

こんなことにお困りではないですか?

事業を立ち上げたいが、
エンジニアが採用できない
システムを開発した
エンジニアが去っていった
システム会社は事前の
要件定義が必要で費用が高い
Down arrow

私たちが解決できます!

「納品のない受託開発」では、月額定額の顧問スタイルで、作るものが決まっていない段階から相談に乗ります。そして小さく始めた後はビジネスの成長にあわせて、ソフトウェアも育てていきます。

それはまるで優秀な開発チームを持つことができたような感覚を持って頂けることと思います。事業をつくりたい人をソフトウェア技術で支えるパートナーになることが私たちのミッションです。

Home icon graph

新規事業を
成長させたい方へ

法人や一般消費者向けの事業用システムを開発したい

詳しく
Home icon gear

社内業務を
効率化したい方へ

受発注管理やExcelでの社内業務をシステム化したい

詳しく

顧客インタビュー

開発者からのメッセージ

Matsumura 2014

顧問プログラマ
松村 章弘

納品のない受託開発は、お客様と一緒にサービスを作り上げていくことができるのが、エンジニアとしての一番の楽しみです。

定額で価値をお約束する我々のサービスは、より価値を提供するためには無駄なものは作れないという制約があります。それを実現するためには、お客様と作るものを考える際に、率直な疑問・厳しい質問がエンジニアから出来ないといけないと考えています。

もちろん、そういったディスカッションをするには、お客様の業務を理解し、信頼していただけるように価値を提供し続けていってこそ、そのような話ができると思っています。

お客様とそのような関係を築き、一緒に良いサービスを作っていきたいです。

Nishimi 2015

顧問プログラマ
西見 公宏

「納品のない受託開発」の開発者は、お客様の問題を解決することを最も得意としています。

テクニカルな問題だけでなく、例えばアクティブユーザー数を増やすためにはどんな施策が考えられるかなど、より事業に近い問題に対して各種事例を通じて費用対効果の高い解決策を考えることを得意としています。

お客様のビジョンを深く理解した上で一緒に解決策を考え、それを実行に移して行けることは、開発者としてこの上ない喜びです。

このような関係を作る上で一番大切なことは、日頃よりお客様から気軽にご相談いただけるパートナーであることだと思います。唯一無二のパートナーとして、是非一緒に事業を推進していければと考えています。

働き方への取り組み

2018年版日本における「働きがいのある会社」ランキング に選出されました。
ソニックガーデンが実践している働き方への取り組みをご紹介します。

詳しく

もっと知りたい

Social change2

株式会社ソニックガーデンの創業者、代表取締役社長 倉貫義人のブログ

「納品のない受託開発」に取り組む”株式会社ソニックガーデン”の代表を務める倉貫義人のブログです。 倉貫自身の言葉で、人材育成からマネジメントまで、ソニックガーデンの経営哲学とノウハウについて、日々の学びから記事にしています。

納品」をなくせばうまくいく ソフトウェア業界の常識を変えるビジネスモデル

書籍 「納品」をなくせばうまくいく ソフトウェア業界の常識を変えるビジネスモデル

本書では、IT業界のソフトウェア開発で起きる様々な問題に対して、「納品をなくす」という斬新なアプローチで解決できるのではないかと考えて経営し実践してきたことを、一冊にまとめました。

私たちの想い

Social change 株式会社ソニックガーデン
代表取締役
倉貫義人

私は、これまでソフトウェアの受託開発の業界に15年以上携わってきました。そして、多くの開発プロジェクトで、様々な問題が起きているのを目の当たりにしてきました。

特にソフトウェアを使い始める段階になって使いにくかったり、使われない機能があるなど、それを直すにも、もはや人もおらず改修には非常にコストと時間がかかります。

そうした問題は、そもそもが発注者と受注者の目指すゴールが、納品することか、その後に利用することなのか、すれ違っていたことに起因していると考えました。

このすれ違いを解消するために「納品をなくせばうまくいく」のではないかという仮説のもとで始めたのが、月額定額で顧問スタイルで提供する「納品のない受託開発」です。

納めて終わりの一時的な関係ではなく、最初から最後まで担当し、お客さまの一員としてビジネスの成長に貢献したいと考えています。そして、そういった関係を持てることは、担当する開発者にとっても、非常にやりがいのあることでもあります。

ソフトウェアを求めるお客さまと、ソフトウェアを提供する開発者の両方を幸せにすること、それが私の目指すソフトウェア開発の姿です。