株式会社SonicGarden(ソニックガーデン)
お問合せ

参加・採用までの流れ

Flow

私たちソニックガーデンでは、ここまでの説明を読んで頂いてわかる通り、 とても慎重に採用活動を行っています。 案件が取れたから急激に人を増やしたりするといったこともなく、 会社自体もお互いに個人がわからなくなるような人数にすることも考えていません。

転職にせよ就職にせよ、会社を決めるには相当な検討がいるはずです。 数回の面接だけで、スキルだけでなく価値観や考え方までわかるのは不可能に近いです。 だからこそ、私たちは長い時間をかけて、 一緒にやれるかどうかの判定をお互いにしたいと考えています。

新卒採用を希望の方へ

ソニックガーデンでは毎年最大で1名の新卒採用および第二新卒の採用を行っています。新卒採用では入社してすぐに「顧問プログラマ」となれる訳ではありません。入社して数年間の間は、一人前の顧問プログラマになるための修行を師匠のもとで行って頂きます。

入社直後は「弟子プログラマ」としてキャリアがスタートします。最初のうちは、プログラミングの勉強をしながら、師匠の仕事の一部を手伝いながら、仕事の仕方や考えかたを学んでもらいます。決して楽な道ではありませんが、腕を磨くためには大事なことです。

新卒採用に求めるものは、その時点の技術力ではなく、将来性です。ソニックガーデンのカルチャーにフィットしそうかどうか、本人の熱意はあるかどうか、そうした観点で判断します。決められた時期やプロセスはありません。まずは問い合わせしてみてください。

転職希望およびフリーランスの方へ

転職希望およびフリーランスの方には、一人前の「顧問プログラマ」として相応しい経験と実力を求めています。そして、私たちのカルチャーにフィットするかどうかを確認し、また私たちのことを知ってもらうためにも、一人前となるまでの道のりを用意しました。

ソニックガーデンでは過去の経歴について重視していません。そのため、履歴書は不要です。それまでの経験をもとに、今なにが出来るのか、現在どういったことが強みなのか、これからどうしていきたいか、仕事や仲間に対する姿勢などが知りたいことなのです。

それを知るための仕組みとして「トライアウト」というウェブサイトを用意しました。トライアウトに合格することで、一人前への道が拓けます。トライアウトの合格後も、すぐに案件を担当するのではなく、「見習い」という制度の元で経験を積んで頂きます。

「納品のない受託開発」で、お客さまから期待して頂いていることでもあり、私たちの強みでもあるのは、経験を積んだ腕利きのプログラマが揃っていることです。そのためにも、しっかりと準備をする必要があり、顧問プログラマの育成に相当の投資をしています。

一人前の「顧問プログラマ」になるためのハードルは非常に高いものですが、だからといって最初から経験と実力がなければ、その門すら叩けない訳ではありません。トライアウトと見習いを通じて、しっかり学習と修行することができる機会を用意しています。

だから、経験や自信がないからといって恐れずにトライアウトに挑戦してみてください。もちろん、腕に覚えのある方の挑戦もお待ちしています。

トライアウト

トライアウトは、オンラインでのトレーニングとテストを行うことの出来る仕組みになっています。トライアウトで確認するのは、プログラミングに関する技術力と、仕事や仲間に対する姿勢や考え方です。トライアウトは、レベル1とレベル2の2段階があります。

レベル1では、必要な技術を身につけているか自分自身でチェックしてもらいます。足りない知識は参考情報を元にご自身で学んで頂きます。また、パーソナリティや仕事に対する考え方を知るための質問を用意したので、一問一答形式で順番に回答してもらいます。

トライアウトのレベル1が終了すれば、オンラインで面談を行います。オンラインでのミーティングも大事なスキルです。面談に合格すれば次のレベルに進むことができます。

レベル2では、アプリの開発を行ってもらい、コードレビューを行います。他の人のコードレビューの様子も共有されるので、そこで事前学習してもらいます。また「納品のない受託開発」の理解をより進めるために、書籍とブログ記事の感想文を書いてもらいます。

トライアウトの最後に「技術試験」を行います。技術試験に合格すれば改めて面談を行います。この面談の時点で正式契約後の報酬や待遇等についてお伝えします。条件等について承諾した上で、一人前を目指す意思があれば、見習いに進むことができます。

見習い

トライアウトの合格後、現場で「顧問プログラマ」として働く前に、一人前としてお客さまの前に立てるだけの準備をして頂く必要があります。そのために研修という形でなく、師匠のもとで弟子や見習いとして実際に経験を積むことで一人前になることができます。

そうした修行をするための期間と場として用意したのが「見習い」です。いきなり一人でお客さまの案件を任せる前に経験を積むことができます。見習いの期間中は、まだ一人前としての契約は結べませんが、一人前になれるようバックアップしていきます。

見習いでは現実のプロジェクトに参画して経験を積んでもらいます。前半ではソニックガーデンのサービスや社内システムの開発を通じて技術力の向上を目指します。後半は「納品のない受託開発」の実際の案件に参加して顧問としての経験を積んでもらいます。

見習い期間は、フルタイムで「顧問プログラマ」の一人前のメンバーと一緒に仕事をしてもらいます。仕事の一部を手伝ってもらうので、修行中のため薄謝となりますが報酬があります。見習いの様子を知ってもらうために、「見習い体験」の制度も用意しました。

師匠たちとの仕事とふりかえりを通じて、カルチャーや価値観も身につけていきつつ、メンバーとも交流をはかっていくことで、自然と仲間になっていくことも期待しています。そのために、ソニックガーデンが行う合宿や会社行事などにも参加してもらっています。

見習い期間中について、また、その後の一人前になるまでの流れについては、改めて、見習いへ進む際に説明いたします。まずはトライアウトに挑戦してください。

よくある質問と回答

Q
トライアウトは受講料はかかりますか?

A

無料です。ただし、登録はソニックガーデンと一緒に働いて頂くことを条件としています。

Q
トライアウトに制限期間はありますか?

A

ありません。マイペースで進めてくださって構いません。ただし、トライアウトで学ぶ内容などは断りなく変更・追加されることはあります。

Q
転職の場合、現職をやめるタイミングはいつですか?

A

見習いではフルタイムで修行してもらうことになります。そのため、前職を辞めた方が良いのはそのタイミングです。大きな決断となるので、前職をやめる前に見習い体験があります。

Q
フリーランスの場合、雇用契約となりますか?

A

個人事業主として登録をされているならば、個人事業主との契約となります。ただし希望すれば雇用契約とすることも、どちらでも選択が可能です。

Q
前職を辞めて、一人前として参加するまでは無職ですか?

A

「見習い採用」という制度があり、一人前としては認められていませんが、社会保険・健康保険などの支援のために雇用契約を結ぶ制度は用意しています。

Q
見習いにかかる期間はどれ位ですか?

A

最大で1年間を想定しています。その間に早く一人前になった場合は、1年を待たずに一人前としての正式契約に移ることも可能です。

Q
フリーランスとして現業と並行しても可能ですか?

A

可能ですが、フルタイムでの修行をしないと一人前になるまで相当な時間がかかってしまう可能性があるので、なるべく集中することをお勧めしています。

Q
トライアウトと見習いの場所はどこですか?

A

トライアウトも見習いもオンラインで実施します。リモートで参加してください。途中での面談もリモートで行います。

Q
途中でやめることは出来ますか?

A

もちろん出来ます。厳しいと思ったら、自ら辞退して頂いて構いません。

Q
正式契約後の報酬額については、いつ教えてもらえますか?

A

トライアウトに合格後、経営陣との面談の際にお伝えしています。トライアウトの合格が、その内容を知る条件となっています。

お申し込み

トライアウトに挑戦する
採用応募の意志がある

※登録にはgithubアカウントが必要です
※挑戦時は以下の規約に同意したこととします