株式会社SonicGarden(ソニックガーデン)
お問合せ

ブログ

Efo52ef6 2

松江商業高校の生徒達に向けて「会社見学会」を開催しました 2015年08月06日

松江商業高校の生徒達がソニックガーデンへ会社見学に来てくれました。松江商業高校では、情報処理科が設けられておりプログラミングを始めとしたコンピュータの知識と技術を学んでいます。今回訪問してくれたのはその課程を学ぶ高校3年生の生徒達です。

会社見学会、スタート!

社長倉貫による「ソニックガーデンを始めた理由」からスタートしたこの見学会。
「納品の無い受託開発」の仕組みを説明「リモートワーク」や「振り返り」の見学といったソニックガーデンらしさを十分に感じられる時間になったのではないかと思います。
enter image description here

納品のない受託開発の説明では、IT業界に馴染みのない生徒達にも分かるよう一般的な受託開発の説明から行いました。理解しずらい点もあったと思いますが、想像力を働かせ一生懸命に聞いてくれました。
enter image description here

リモート勤務社員とモニターを介してのリモート質問会では見慣れない方法に驚きながらも、抵抗なく会話を弾ませていました。
enter image description here

弟子と師匠の間で行われる「振り返り」の見学では容易には進められない様子をそのまま見てもらいました。甘くない姿を見せることに心配もありましたが、成長できる場と捉えてくれたようで生徒からは「自分もこれから取り組んでいきたい。」との声が上がっていました。
enter image description here

また、仕事の様子を見学しつつ社員と質疑応答も行いました。生徒達の積極的に質問する姿がとても印象的でした。その質問からはIT業界やエンジニアについての強い関心と、未知に対する少しの不安が感じられました。
enter image description here

最後に新入社員という立場から、進路選択についての経験談をしました。偶然にも同性同士だったことで共感し合える点が多かったようです。

振り返ってみて

今回の見学会では、新入社員の自分が案内役を務めさせていただきました。生徒達が感想文で上げてくれたソニックガーデンの魅力は、私達ソニックガーデンが大切にしている考え方であり、先輩社員の姿から日々私が学んでいることだと思います。ソニックガーデンの一員として体現していけるよう、これからも精進していきたいと思います。

松江商業の方々、この度は遠いところから足を運んで頂きありがとうございました。
進路に向き合う生徒達にとって、今回の見学会がより広い視野をもつ機会になっていれば嬉しいなと思います。

生徒と社員による質疑応答の内容はこちら


ライティング:髙木 咲希
15年4月にソニックガーデン初の女性プログラマとして新卒で入社。師匠のもと、技術力を高めるベく日々奮闘中。夢は自分の技術で人を支えていけるようになること。

【お知らせ】ソニックガーデンの本が出ました!

リモートチームでうまくいく~マネジメントの"常識"を変える新しいワークスタイル

企業に所属することで得られる安定と、自分の好きな場所で働く自由を両立できる新しいワークスタイルとして注目を集めている「リモートワーク」。本書はそのリモートワークが抱える問題に対してソニックガーデンが実践してきた取り組みと、そのノウハウから生まれた「リモートチーム」というマネジメントの手法についてまとめています。あらゆる組織、チームのマネジメントと個々人の働き方を考えるヒントとなる一冊です。(著者:倉貫義人 出版:日本実業出版社)

「納品」をなくせばうまくいく~ソフトウェア業界の"常識"を変えるビジネスモデル
「納品」をなくせばうまくいく 表紙

本書は、IT業界の、とりわけソフトウェア開発の業界で〝常識〟とされているビジネスモデルを変えてしまおうという試みです。ソフトウェア業界にはびこる多くの問題を解決するために取り組んだ新しいビジネスモデル「納品のない受託開発」について書いています。「受託開発」なのに「納品」をしない、なぜそんなことをやっているのか、そして、なぜそんなことが実現できるのか、その秘密について解説したのが本書です。(著者:倉貫義人 出版:日本実業出版社)