ソニックガーデンのビジネスの軸となるのが「納品のない受託開発」です。このビジネスモデルでは、従来の受託開発が抱える問題を解消し、プログラマに自身の価値を最大限発揮してもらうことを目指しています。

顧問プログラマの仕事」で述べたように、お客さまの課題解決のためにコンサルティングの視点を持ちながら、ソフトウェア開発を行うことこそがプログラマの価値だと考えています。そのためには納品をしておしまい、ではなく継続的なコミュニケーションを通じてソフトウェア開発を行う必要があります。その結果として、お客さまに事業の成長や生産性の向上などの「成果」を提供していくのです。

そんな納品のない受託開発を、私たちが行う背景と想いをご説明します。

プログラマの価値を最大化するための「納品のない受託開発」

一括請負の受託開発が生み出す問題

ソニックガーデンの受託開発では、一括委託を行っていません。ソフトウェア開発における「一括請負での受託開発」のビジネスモデルは、多くの問題を生み出してきたからです。

一括請負では要件定義によって、作るべき機能を最初に決める必要があります。要件定義は、開発会社にとっては大事なことですが、いざ完成しても本当に欲しかったソフトウェアと違うものができてしまうリスクがあります。それに、市場環境は常に変化し続けており、社内の人員や状況も変わっていく中で、数年先までを見通した要件定義は、実質不可能です。

しかし、一括請負で受託している開発会社は、「開発する」ことだけを価値とするため、そのソフトウェアが使えるモノでも使えないモノでも関係ありません。

こうしたビジネスモデルはお客さまだけでなく、プログラマにも多くの問題をもたらします。

例えば、納品がゴールになることで、ソースコードの品質よりもとにかく期日までに動くものを作ることが優先されます。特に要件定義で多くの機能が盛り込まれていた場合、いわゆる「デスマーチ」と言われる、負担の大きな進行を余儀なくされることも少なくありません。

その後の改修を念頭に置かず、無理な進行も受け入れながら、ひたすらコードを書いて納品する。そして、納品すればおしまいなので、自分が作ったソフトウェアが実際に機能しているか、事業成長に寄与しているかをほとんど知ることもできません。苦労して作ったソフトウェアが使われているのかどうかすらもわからないのです。こんな環境では、プログラマの本来の価値が発揮できているとは到底言えないはずです。

納品をなくせばうまくいく

そもそも、要件定義は本当にお客さまにとって必要なことなのでしょうか。

お客さまが実現したいのは、そのソフトウェアを使ってビジネスをすることです。コスト削減、売上の向上、業務の効率化など、目的は何にせよ、ソフトウェアは使い始めることで初めて価値が産まれます。そして、使いながら改修を続けることで、その価値をどんどん高めていくことができるのです。

ですので、ソフトウェアを作って完成させるだけでは、価値が生まれていないどころか、お客さまにとっては投資をしている分マイナスのスタートになります。それなのに、要件定義をしなければいけないのは、一括請負で受託している開発会社の都合によるものが大きいでしょう。というのも、できるだけ多くの機能が盛り込まれた要件定義になることで、高い見積もりにできるからです。発注者側は後で改修するのが大変だからと機能を盛り込んだ要件定義にしますし、その分人月がかかれば開発費が上がっていきます。

このように、発注者は「事業の成長」を目指しているにも関わらず、受注者は「納品して開発費を受け取る」ことだけをゴールにした構造が生まれてしまいます。そして、この構造の中にプログラマがいるから、先述した多くの問題を抱えてしまうのです。

では、こうした受託開発における問題の根本的な原因が「納品」にあるのだったら、納品をなくせばうまくいくのではないか? こうした考えから「納品のない受託開発」は生まれました。

納品のない受託開発の特長

納品のない受託開発では、従来の一括請負の受託開発と様々な点で違いがあります。その中でも、特に違う大きな3つの特長をご紹介します。ソニックガーデンで働くすべてのプログラマが押さえるポイントにもなりますので、しっかりとご理解いただけると幸いです。

月額定額で、運用と開発を続ける

納品のない受託開発では、お客さまから月額定額でお支払いをいただきます。そのため、見積もりは存在しません。金額を気にしながら開発要件を考える必要をなくし、事業の成長に集中してもらうためです。プログラマは、お客さまにとって本当に必要なソフトウェアの開発に集中できるようになります。

顧問プログラマとして、すべての工程を担当する

営業が間に入ったり、開発や運用といったフェーズに応じて担当が変わることはありません。いつでも直接一気通貫で顧問プログラマはお客さまに最適な提案を、最適なタイミングで行うことが可能です。変化に対応し、継続的に事業を成長させるための体制です。

時間ではなく、成果を提供する

従来の開発ベンダーと違い、開発をしている時間や、開発できた機能の数を重視するのではなく、開発によって得られる効果や成果を重視します。使われないソフトウェアを時間をかけて作るのではなく、成果に繋がるソフトウェアを効率よく開発することで報酬を得るため、プログラマのやりがいを生み、ムダのない働きかたを可能にします。

「納品のない受託開発」があるから、一生プログラマでいられる

これまで述べてきたように、納品のない受託開発は、「作ってお金をいただく」というビジネスモデルではなく、月額定額で顧問プログラマが伴走しながら開発を行っていくことで、継続的な事業の成長を実現するビジネスモデルです。

ですので納品のない受託開発では、お客さまから相談受ける際に、どのようなソフトウェアを作るかは決まっていないことがほとんどです。顧問プログラマは、お客さまが事業で提供したいコア・バリューを汲み取り、必要最低限の機能から開発を始め、実際に触ってもらいながら少しずつ改修を行っていきます。

こうした開発サイクルは、プログラマにとっても非常に刺激的で、やりがいに満ちたものになります。お客さまの課題を直接聞き、必要なソフトウェアを提案する。そして、自分が作ったソフトウェアをすぐにお客さまに触ってもらい、フィードバックを受けながらアップデートを重ねていく。こうした経験は、納品のない受託開発ならではのものです。

そして、事業に終わりを決めないのと同じで、この開発サイクルにも終わりはありません。事業が続く限り、常にユーザやお客さまからのフィードバックをもとに改修を続け、ソフトウェアと共に事業を成長させていきます。

これはつまり、プログラマとして活躍できる場がずっと存在し続けることにも繋がります。納品のない受託開発は、ソニックガーデンのビジョンである「プログラマを一生の仕事に」を実現するためのビジネスモデルでもあるのです。

「納品のない受託開発」を広めることで描きたい新しい“開発風景”

私たちが納品のない受託開発を始めたのは、これまで述べたようなソフトウェア開発の構造的問題を解消したかったからです。一括請負の開発体制しか選択肢がなければ、企業の成長の機会も少なくなってしまいます。理解を得られるまでにいろいろな苦労はしましたが、今では100社以上のパートナーとともに、日々議論を交わしながら、ソフトウェア開発を続けています。

だからこそ我々は、納品のない受託開発のリーディングカンパニーであるという誇りと自覚を持っています。そして、同じようなビジネスモデルを踏襲し、本質的に価値のあるソフトウェア開発を続ける会社が増えてほしいと願っています。

納品のない受託開発を行う会社が増え、従来の開発課題から解放された会社がさらなる成長を遂げていく。そして社会に新たな価値をどんどん生み出していく。こうした新しい“開発風景”の実現も、私たちのビジョンとして目指しているのです。

より詳しく理解するための参考記事