地元にUターン、NGO活動…自分の心と行動が一致できる場所
門田 啓吾さん

  • 入社年度 2019年
  • 勤務地 愛媛県
  • 趣味 ランニング、読書
詳しく

ソニックガーデンに転職したきっかけは?

ソニックガーデンを知ったのは、足を大怪我して入院していたときです。手術中に呼吸困難になり、「いつ死ぬかわからないから、やれることはやろう」という心境になって、いろいろと調べたんです。それでソニックガーデンを知って、柔軟な働き方やプログラマの価値観に共感をしました。実際にトライアウトを受けたのですが、私は他の人より長くて、実際に入社するまで2年ぐらいかかっています。その分、お互いのことをより深く理解できたので、入社前後のギャップなく働けています

地元の愛媛県へUターンした理由は?

いつかは、自然豊かな地元の愛媛県今治市に戻りたいと考えていたんです。ですので、ソニックガーデンは全員がリモートワークだったのも、入社したいと思う大きな要因でした。妻も、畑で野菜を育てたり、田舎の生活を満喫しています。自然の中で、子どもたちを走り回らせることができるのもありがたいですね。

仕事内容について教えて下さい

顧問プログラマとしての印象的な仕事は、ホテルの予約システムの開発です。当初のお客さまの要望は日程的に厳しかったので、一度お断りしたのですが「それでもソニックガーデンにお願いしたい」と依頼がきました。開発することが目的なのではなく、そのお客さまにとって一番いい道を考えているという私たちの思いが伝わったんだと、嬉しかったですね。

ソニックガーデンで働くことにどのような価値を感じていますか?

ソニックガーデンでは常に目的が先にあって、その達成手段として開発があります。こうしたプロセスを踏めるのはプログラマにとってすごく健全ですし、だからこそお客さまと楽しく一緒に仕事ができるのだと思います。リモートワークやセルフマネジメントをベースにした柔軟な働き方、NGOなどのライフワークとの関わり、そしてプログラマとしてあるべき姿で仕事ができる。いろいろな部分で、自分の心と行動が一致しているなと感じられる場所がソニックガーデンなのだと思います。

インタビュー記事をみる

思い描くプログラマ像の実現のため、20代で転職
石澤 佳祐さん

  • 入社年度 2017年
  • 勤務地 東京都
  • 趣味 ギター、スノーボード
詳しく

ソニックガーデンに転職したきっかけは?

前職では、新卒で入社した会社で受託開発を経験していましたが、何人もの人を挟んで要件が降りてくるので、非常に非効率でしたし、お客さまと直接話せないことにもフラストレーションが溜まっていました。そんなときに「納品のない受託開発」を知り、「思い描くプログラマ像を体現している人たちがいる!」と感銘を受け、トライアウトに挑戦。高いスキルと熱意を持ったプログラマのみなさんと交流するなかで、「絶対にここで働きたい」と入社を決めました。

思い描くプログラマ像とは?

例えば、自社サービスであるRemottyはもともとは自分たちのための社内システムとして開発されたものです。そうやって、自分たちが使うものは自分たちで作る、という姿勢はすごく共感します。あとは、やっぱり納品のない受託開発としてプロダクトを開発するときに、直接お客さまと会話しながら進めていく姿がすばらしいと感じました。コードを書くことではなく、問題解決をするのがプログラマだと、自分の中でもイメージがありましたし、ソニックガーデンに入ってよりその考えが強くなりました。

仕事内容について教えてください

納品のない受託開発として担当しているフリーランスマネジメントシステム「pasture」と、自社事業の1つである「ラクロー」の開発に携わっています。とても嬉しかったのが、pastureの開発で、お客さまから表彰をされたことですね。1つのチームのような関係性で開発を行えるのも、納品のない受託開発の特長だと思います。

ソニックガーデンで働くことにどのような価値を感じていますか?

ソニックガーデンは、高いレベルのプログラマが集まった会社です。その中で、自分も追いつけるように、日々勉強をしています。もちろん自分だけでなく、高いレベルにある人たちも常に腕を磨いています。そういう技術に対するストイックな面がソニックガーデンの特長だと思います。ただ、人間関係はすごくフラットで、誰とでも気軽に話すことができます。また、YWT(「やったこと、わかったこと、次にやること」を話し合う場)を定期的に行うことで、個人のやりたいことをしっかり聞いてくれて、積極的に応援してくれるんです。プログラマとしての腕を磨き続けられ、やりたいことを大切にしてくれる。この2つの側面がしっかり両立しているソニックガーデンで働けるのは、すごく価値がありますね。

インタビュー記事をみる

「プログラマを一生の仕事にする」という夢を叶えるために
中谷 一郎さん

  • 入社年度 2018年
  • 勤務地 愛知県
  • 趣味 ランニング・読書
詳しく

ソニックガーデンに転職したきっかけは?

前職では、社内SEとして働いていましたが、経験を積むにつれてキャリアの選択肢が「管理職」しかなくなっていくことに、疑問を抱いていました。大好きなプログラミングを続けられる会社はないか探していたところ、ソニックガーデンの存在を知りトライアウトを受けることに。じっくり時間をかけて、ソニックガーデンを理解し、みなさんとコミュニケーションを取ったうえで「ここなら一生プログラマを続けられる」と入社を決意しました。

仕事内容について教えてください

バーチャルCTOとして、株式会社ユーフォリアさんの「ONE TAP SPORTS」というアスリートのコンディション管理システムや、マフォロバ株式会社さんのM&Aマッチングプラットフォーム「MAfolova」、特定非営利法人ADDSさんの発達障がいのある子どもと保護者を支援するシステムなど、4社ほどの組織のバーチャルCTOとして開発に携わっています。バーチャルCTOというのは、その企業の社外の技術開発責任者として事業に参画して、ソフトウェア開発を通じて事業成長を支援するのが役目です。ほぼ毎週打ち合わせを重ねて、その時々の課題に技術的にどう対応するかを議論するので、お客さまとはまさに1つのチームのような関係性を構築できていますね。

プログラマとしてのこだわりはありますか?

私はプログラマとして、やはり使われないソフトウェアを作りたくないんです。誰かに喜んでもらえるからこそ、プログラマとしての価値が出てくる。その誰か、というのも重要で、決して目の前のお客さまだけではありません。お客さまのさらにその先にいるお客さま、実際にソフトウェアに触れる人たちが喜ばないと意味がない。そうしたソフトウェアを作り続けていくことが、自分が目指すプログラマ像でもあります。

ソニックガーデンで働くことにどのような価値を感じていますか?

ソニックガーデンは突き抜けたプログラマの集まり、だと常々感じます。みんな、成長し続けたい意欲がとても高くて、常に技術の勉強を続けている人ばかり。だから、もともとレベルの高い人も、さらに高くなっていくんですよ(笑)。そんな人たちと一緒にハッカソンをしたり、勉強会をする機会があるので、技術面でもどんどん成長できるし、刺激もあって、プログラマにとっては本当にいい環境ですね。

インタビュー記事をみる

仕事と子育てを両立し、プログラマの価値を発揮していく
荻原 倫子さん

  • 入社年度 2019年
  • 勤務地 埼玉県
  • 趣味 洋裁、散歩、お菓子作り(イベントのとき)
詳しく

ソニックガーデンに転職したきっかけは?

前職では、社内SEとして勤務していました。3人の子どもを育てながらの時短勤務が続き、プログラマとして望む仕事ができなかったり、通勤で疲弊したりと思うような働き方はできていませんでした。そんなときに、ソニックガーデンの存在を知り、プログラマとしてのプロ意識の高さや、プログラマを大切にするカルチャーに心を打たれて応募をしました。時間をかけてトライアウトを続けるなかで、みなさんと深くコミュニケーションを取れたので、入社後に印象が違うということはなかったです。

仕事内容について教えて下さい

入社後は業務ハッカーとして働いています。業務ハッカーとは、企業の業務の課題を聞き、必要に応じてkintoneのカスタマイズやアプリ開発などによって業務改善を行う仕事です。ポイントは課題の把握や整理から行っている点ですね。顧問的に業務改善に携わり、継続的に支援を行っていきます。コードを書くことが目的なのではなく、しっかりと現場で使われる機能やアプリをコミュニケーションを重ねながら開発するという、思い描くプログラマ像を実現できていると思います。

子育てとの両立について、前職からの変化はありますか?

私自身にゆとりができたことで、子どもにもゆとりができたように思います。それまでは、保育所や学童に預けたりして、外にいる時間が長かったですけど、早く家に帰れるようになってゆっくりできる時間が増えたからだと思います。あとは、手料理のおかずが前よりも増えたり、手の込んだものを作れるようになったのは喜んでくれています。前は買い物する時間すらろくになかったんです。育児休業があけて前職の仕事に復帰したとき、子どもに「最近のご飯手抜きじゃない?」と言われて、「バレるもんだな」と思いましたよ。

ソニックガーデンで働くことにどのような価値を感じていますか?

ソニックガーデンは、個々人の好きなこと、どういうことをしていきたいかをとても大事にしてくれる会社です。ふりかえりをすごく大事にしていて、YWTと言って、「やったこと、わかったこと、次にやること」という枠組みのなかで、それぞれの経験や考えたことを役員と頻繁に話すんです。そうやって「どう成長していけるか」まで一緒に考えてくれるので、プログラマとして働くうえでは本当にいい会社だと思います。

インタビュー記事をみる

仲間とともに、プログラミングを続けていきたい
小嶋 俊幸さん

  • 入社年度 2019年
  • 勤務地 新潟県
  • 趣味 篠笛(を始めたい)
詳しく

ソニックガーデンに転職したきっかけは?

ソニックガーデンを知ったのは、メンバーの伊藤さんが運営するブログを読み始めたのがきっかけでした。当時は、前職の会社に勤めていて、1人でプログラミングをしていました。誰からも教わることがないので、伊藤さんのブログで勉強するうちに、ソニックガーデンのカルチャーに興味を持つと共に、1人でプログラミングをしているのがすごく寂しくなったんです。プログラミングを一緒にする仲間が欲しいし、どうせならレベルの高い人たちと一緒にやりたい。これが、ソニックガーデンへの転職を決めた大きなポイントですね。

仕事内容について教えてください

入社後は業務ハッカーとして、kintoneやRails、firebaseなどいろいろな技術を習得していきました。自分はとりあえずやってみようと、いろんな技術に手を出すタイプです。プログラミング言語に関しては、実際に勉強してみないと得意不得意が分からないですからね。

プログラマとして大切にしていることは?

仕事は、とりあえず何でもやってみるスタンスを持つようにしています。あるとき、タイムカードアプリを作るプロジェクトに参加することになったのですが、それまで勤怠のことは全く知らないですし、強い興味もありませんでした。でも、仕事をしているうちに面白くなってくるし、別の案件でタイムカードシステムの要望がお客さまから来たときにその経験を活かすことができました。「やりたい」「やりたくない」ではなくて、とりあえずやってみる。こういう考え方を持った人は、ソニックガーデンでどんどん成長していけると思いますね。

ソニックガーデンで働くことにどのような価値を感じていますか?

納品のない受託開発は、プログラマにとって最適なビジネスモデルだと思います。私自身、前職で開発会社に依頼をした際に「一回納品したから直せない」と言われて歯がゆい思いをしました。納品はある意味楽なところはあると思います。極端な話、納品さえしちゃえば、後は機能しようがしまいが責任は持たなくていいですから。でも、自分はそういうプログラマにはなりたくありません。本当にお客さまのことを考えて、価値を提供することにフォーカスした開発を行っていきたいんです。納品のない受託開発があるからこそソニックガーデンで働いているからこそ、それが実現できるのだと思っています。

インタビュー記事をみる

安定した収入を得ながら好きなことを仕事に
前田 直樹
2011年入社

納期を定めないことにより、一定のペースで仕事が出来るようになり、精神的にも肉体的にも追い込まれるようなことが減ったと感じています。安定した収入を得ながら好きなことを仕事に出来るというのは何事にも変えがたいと感じています。作るものに対して、当事者として積極的に関わり、自ら提案できるようになりました。いつどのように仕事を進めるかという裁量がかなり大きくなりましたが、これは言い換えると、何かあればいつでも対応しないといけないということでもあります。

技術力は基本中の基本。しかし、それだけではダメ
上田 幸哉
2014年入社

ソニックガーデンの掲げるビジョンやミッションには共感していたので、このような環境・方向性のもと仕事ができるようになったことがとても嬉しいです。基本はソフトウェア・システムでお客さまの問題や悩みを解決するので、その基盤となる技術力は基本中の基本です。しかし、それだけではダメで、プラスしてお客さまと同じ方向を向いて一緒に進むという意識・考え・習慣がとても大切です。 向かう道を見定め、目の前のひとつひとつの課題を乗り越え吸収することが、今の自分のすべきことです。

エンジニアとしての価値=自分の仕事の価値
西見 公宏
2011年入社

「納品のない受託開発」では契約が続く限り、エンジニアがプロダクトの動作に責任を持ちます。つまりエンジニアとして最善だと思えるものをお客さまに提供できるようになったので、これはエンジニアとしてはとても嬉しいことなのです。エンジニアとして最善のものを提供できるようになったので、気兼ねなくエンジニアとしての研鑽を積み続けることができます。 エンジニアとしての価値=自分の仕事の価値になったことで、エンジニアとしての将来にも不安がなくなりました。

お客さまとは「一心同体、二人三脚」
伊藤 淳一
2012年入社

「納品のない受託開発」は毎月定額、つまり、毎月作れる量が決まっているので、優先順位を付けざるを得なくなるんです。その結果、お客さまもプログラマも本当に必要な物を探します。 お客さまにもエンジニアにも余計なことをしなくなりました。システムそのものも研ぎ澄まされていくと感じています。お客さまのビジネスに踏み込んで考えて意見を出すようになりました。お客さまとは「一心同体、二人三脚」という感覚です。自分の作ったプログラムが誰にどうやって使われているのか分かることで、作ったものの価値を実感できるし、やり甲斐にも繋がっています。

業務ハックは結果が見えやすく非常にやりがいを感じる
田中 一紀
2018年入社

納期に間に合わせるために無理を強いられていた従来の開発とは違い、納品のない受託開発ではお客さまとのコミュニケーションに重点を置いてお客さまの要件の優先度が高い機能を少しづつ開発していくアプローチをとります。優先度が低い機能は開発の経過とともに機能自体が必要ないと判断されることも少なくなく、せっかく機能を開発しても使われないという状況も回避できて効率的に開発を進められます。業務ハックは実際にお客さまの業務がどのように変化してどれだけ効率化できたか実感しやすく、結果が見えやすいので非常にやりがいを感じることができます。お客さまから感謝の声をいただけると開発のモチベーションにつながります。

求められる技術や知識の幅が広いからこそ、様々な経験が活きる
髙木 咲希
2015年入社

納品のない受託開発ではお客さまとエンジニアが直接コミュニケーションをとることが出来る点に魅力を感じています。特に私が担当している社内システムの開発においては、実際にシステムを利用している方と顔を合わせてお話することが多いです。そのような機会は開発を行う上で重要なインプットになっていると感じていますし、開発者としてのやりがいにも通じています。顧問プログラマは求められる技術や知識の幅が広く、難しいと感じることもあります。一方で広いからこそ様々な経験が活きると感じていて、どう活かせるのかを日々考えながらお客さまと向き合っています。

自分らで判断して仕様を作るから、作ってて楽しい
野上 誠司
2014年入社

将来に対して、ある程度なんとかなるだろうという感覚が持てるようになったのかもしれません。今の仕事のやり方でより価値を出せるよう精進していけば露頭に迷うことはないだろうという自信がついたのだと思います。お客さまのチームとして、お客さまのビジネスを成功させることだけに集中できるようになりました。お客さまのプロジェクトに対して、お客さまと同じ方向だけを向いて進めていけることで、ストレスはなくなりました。総合的に自分らで判断して仕様を作るので、作ってても楽しいです。「納品のない受託開発」では、毎週、お客さまに成果を見せる必要があります。お客さまに満足していただける結果を作り続けることで、月額定額が成り立っているからです。

お互いが助け合う、良いチーム関係が築けています
大野 浩誠
2015年入社

私が従来から感じていた受託開発の課題が「納品のない受託開発」にはありません。自分が気持ちよく・効率的に仕事をすることとお客さまに価値を提供することが同じ方向を向いているため、モチベーションを下げることなく仕事ができています。メンバーは皆一定の技術力を持ちながらもそれぞれに得意分野をもっているので、あまり得意ではない領域では得意なメンバーに助けてもらいつつ、自分の得意分野では皆を助けるという良いチーム関係が築けています。技術を磨くという点では見習うべき人が近くにいることで自分の成長の助けになるし、サービスを提供するという点では、自分の後ろにチームがいることでより自信をもってお客さまと接することができていると感じています。