株式会社SonicGarden(ソニックガーデン)
お問合せ

ニュース

ソニックガーデンが労務リスク管理サービス「ラクロー」のβ版を公開しました

  • 2018年07月23日

株式会社ソニックガーデン(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:倉貫 義人)は、労働時間管理のリスクを可視化する労務リスク管理サービス「ラクロー」(特許出願中:特願2018-123772号)のβ版を2018年7月23日(月)に公開しました。
当社は、2018年「働きがいのある会社」ベストカンパニー賞、「ホワイト企業アワード2018」イクボス部門大賞を受賞しており、先進的な働き方を推進しています。

「ラクロー」サービスイメージ

サービス概要

「ラクロー」は、労働時間に関わるリスクを可視化し、問題の早期発見、早期対処を支援する労務リスク管理サービスです。β版では、未払い残業(サービス残業)と36協定違反のリスク(残業上限超過)を確認することができます。

未払い残業については、カレンダーやメール等の業務ツールのデータ(業務ログ)に基づいて推定された労働時間と、勤怠管理ツール等で従業員から申告された労働時間の乖離をリスクとして確認できます。36協定違反については、2018年6月末に成立した改正労働基準法の新残業規制に対応し、残業上限規制に関する違反リスクを確認できます。

「ラクロー」サービスサイト
https://www.raku-ro.com/

今までの管理ツールによる労働時間管理の課題

従業員の労働時間管理を行う場合、労働時間の記録は従業員本人による自己申告制よりも、客観的なデータ(入退室やPCのログ等)に基づく記録の方が望ましいとされてきました。自己申告制では本人の意思によって労働時間が実態と乖離しやすいためです。

しかし、現実には入退室・PC等のログのみで業務と業務外の時間を機械的に識別、計測することが困難な場合も多く、自己申告制(本人がシステムに入力・打刻する運用含む)を導入するケースは少なくありません。

2019年4月以降に適用開始となる改正労働基準法では、残業時間の上限が明確に規定され、違反には罰則が課されることになりました。従業員の労働時間管理を適切に行い、違反リスクを早期発見・対処できる体制を構築することは多くの企業で経営課題となっています。

自己申告制を導入しているケースに関して、厚生労働省のガイドライン(※)では、PCログ等の客観的なデータと自己申告の間に大きな乖離がないかを確認すべきとしています。しかし、このような乖離のチェックは実施コストが大きく、運用面で課題を抱えていました。
※ 厚生労働省「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」(2017年1月20日策定)

「業務ログ」を活用した「予防型」労務リスク管理へ

労務リスク管理サービス「ラクロー」は、ITを活用することで業務ログの収集やリスクの可視化を効率化します。また、カレンダーの予定やメールの送信日時など複数の業務ログを重ね合わせて、推定の精度を高めることもできます。

業務ログと自己申告を活用した労務リスク管理の考え方

データの収集と分析が効率化したことで、労務トラブルが表面化した後に業務ログを調査するのではなく、日常的に業務ログを分析してリスクを可視化し、労務トラブルの予防に注力できるようになります。

事後の調査ではなく、事前の予防へ

なお、サービス開発に際して、弁護士、社会保険労務士をはじめとする労務の専門家に多くのアドバイスをいただきました。今後も専門家とのディスカッションを継続し、機能改善に務めていきます。

業務の可視化から生産性向上へ

業務ログの集積は、未払い残業等の労務リスクを予防するだけではなく、生産性向上施策を考える上での強力な分析ツールにもなります。業務ログが可視化されると、各従業員の働く姿、時間の使い方がよく見えるようになるからです。

業務ログを活用した業務分析

会議が多い、外出が多い、メール作業が多い等の傾向が可視化され、関係者で共有されるようになれば、生産性を高めるために行うべきアクションが見えやすくなります。

人によっては業務ログの可視化が「監視」のように感じられるかもしれません。しかし、自分の時間の使い方が自動的に可視化されることは、仕事の進め方の改善点が発見しやすくなるだけでなく、長時間労働をせざるを得ない状況になった場合に、業務ログを通じて上司や経営者に問題を共有する手段にもなります。

β版機能概要

  • G Suite、Office365連携
  • 自己申告勤怠データ取込
  • 未払い残業リスク、36協定違反リスク表示
  • 新残業規制対応

正式版公開にむけて

β版では無料トライアル企業を募集し、ユーザーからのフィードバックに基づいてサービスの改善と安定化を進めます。トライアルにご興味のある方は、サービスサイトのお申込フォームからご依頼ください。正式版公開は2018年10月頃を予定しています。

「ラクロー」サービスサイト
https://www.raku-ro.com/

また、「ラクロー」では、労務に携わる専門家(弁護士、社会保険労務士、コンサルタント等)の皆様とのパートナーシップを拡大する予定です。「ラクロー」の販売、導入にご興味を持たれた方は以下までお問い合わせください。

「ラクロー」専門家パートナーシップ窓口
partnership@raku-ro.com

ソニックガーデンについて

ソニックガーデンは、ソフトウェアを開発するIT企業であり、顧問型月額定額の「納品のない受託開発」の提供や、クラウドサービスの開発・販売を行っています。また、リモートワークなどの先進的な働き方にも挑戦しています。

ソニックガーデン「働き方への取り組み」紹介ページ
https://www.sonicgarden.jp/efforts

株式会社ソニックガーデン
https://www.sonicgarden.jp
所在地 : 東京都世田谷区奥沢7-5-13
設立  : 2011年7月
代表者 : 代表取締役社長 倉貫 義人
事業内容: ソフトウェア受託開発「納品のない受託開発」、自社企画ソフトウェアの提供、リモートワーク向けツール導入サポート

<本プレスリリースに関するお問い合わせ先>

株式会社ソニックガーデン
担当者: 岩崎
メール: info@sonicgarden.jp


ニュース一覧に戻る