株式会社SonicGarden(ソニックガーデン)
お問合せ

インタビュー

D1p2kjk7ug

ソニックガーデン家族旅行2016~取締役が妖怪に~ 2016年06月30日


こんにちは!今年の4月にソニックガーデンに新卒入社いたしました、弟子の楠本です。

この度6月18日、6月19日に1泊2日に、ソニックガーデン恒例の「家族会」が開催されました。

毎年新卒社員が幹事を務めており、今回は私が幹事を務めさせていただきました! 非常に楽しい家族会だったので、その模様をご紹介したいと思います。

久しぶりの全員集合

今年の参加者は総勢45名で、社員の増加につれて年々参加者が増えています。 お子さんも多く、大人30名、小学生7名、小学生未満8名の賑やかな家族会となりました。

今回の宿泊先は神奈川県三浦半島に位置するマホロバ・マインズ三浦でした。 海が近く、部屋からの眺めが素晴らしいホテルです。 集合時間までに海沿いの道でサイクリングを楽しんだ社員もいました。 1日目はこちらのホテルに集合し、夕方からの宴会までに各自プールや温泉を楽しみました。

普段リモートワークをされている方が半数以上いるので、全員が物理的に集合したのは久しぶりのことでした。

日も暮れた頃、各家族が宴会会場に集まり宴会がスタートしました。 今回の宴会場は70人〜80人を収容できる部屋を貸切って行われました。

乾杯をした後、食事をしながら家族ごとに自己紹介をしたのですが、今回は新婚夫婦が2組いたため、単なる自己紹介も大いに盛り上がりました。

役員たちが妖怪に

その後ゲーム大会を….と思っていたのですが、ここでサプライズが! なんと役員3名が妖怪ウォッチの着ぐるみを着て登場しました!!

普段は仕事をバリバリこなす方たちですが、家族会を盛り上げるため、コスプレ姿になって踊りまで披露してくれました。

ソニックガーデンには、たとえ役員でも組織に貢献できることであれば体を張って取り組むという文化があります。 上下関係なく、良い意見は積極的に取り入れる環境の中で仕事ができているのは幸せなことだと思います。

ようかい体操が終わった後は、ゲーム大会をして交流を深めました。

子供達は輪投げ大会を、奥様方はチーム対抗戦で絵しりとりで競い合いました。 思いの外盛り上がり、幹事として一安心でした。

突然のサプライズ

会も終わりに近づいた頃、突然部屋の電気が暗くなり「何だろう…」と思いきや、奥からケーキが運ばれてきました!

なんとソニックガーデンの5周年をお祝いするケーキでした!

2011年に設立したソニックガーデンは、今年の6月末で5周年を迎えます。 これまでのソニックガーデンの歴史をつくってきた代表倉貫と、副社長藤原が一緒にろうそくの火を消しました。

自分は今年の4月に新卒として入社しましたが、ソニックガーデンの節目をお祝いする場面に立ち会うことができて嬉しかったです。

会の最後には代表倉貫から締めの挨拶がありました。 社員に対し、普段面と向かって言えない感謝の気持ちを述べ、会はお開きとなりました。

(真摯に聞き入る次期社長候補)

2日目は自由行動

2日目は遠方から来ている家族もいたので各自自由行動としましたが、ほとんどの家族がホテルの近くにあるソレイユの丘に行きました。 年の近い子供達はすぐに友達になり、一緒に遊んだりしていました。

1泊2日でしたが、各家族が交流するきっかけとなり、お互いを知る良い機会となりました。

おわりに

今回初めて家族会に参加される方が何人かいらっしゃいました。そんな方達を温かく迎え入れようという雰囲気づくりをひとりひとりが率先してしていたような気がします。

それは、ソニックガーデンが、管理するのではなく、メンバーそれぞれが自己判断して仕事を進めることを良しとする会社だからだと思います。

個々人が自律的に行動し、主体的に動いたからこそ今年度の家族会も成功に終わりました。 今回私が幹事を務めることになったのも、主体性を身につける良い機会だったからだと思います。

あわせて読みたい


ライティング:楠本 純平(くすもと じゅんぺい)
株式会社ソニックガーデン新卒プログラマ
職人的な働き方に憧れてソニックガーデンに入社。早く一人前になるために頑張ります。
サッカーを10年間していました。

メールマガジン登録

ソニックガーデンのお客様の新規事業に関する開発秘話やノウハウ、業務効率化の成功事例、シークレットなイベント情報などをお伝えします。

【お知らせ】ソニックガーデンの本が出ました!

リモートチームでうまくいく~マネジメントの"常識"を変える新しいワークスタイル

企業に所属することで得られる安定と、自分の好きな場所で働く自由を両立できる新しいワークスタイルとして注目を集めている「リモートワーク」。本書はそのリモートワークが抱える問題に対してソニックガーデンが実践してきた取り組みと、そのノウハウから生まれた「リモートチーム」というマネジメントの手法についてまとめています。あらゆる組織、チームのマネジメントと個々人の働き方を考えるヒントとなる一冊です。(著者:倉貫義人 出版:日本実業出版社)

「納品」をなくせばうまくいく~ソフトウェア業界の"常識"を変えるビジネスモデル
「納品」をなくせばうまくいく 表紙

本書は、IT業界の、とりわけソフトウェア開発の業界で〝常識〟とされているビジネスモデルを変えてしまおうという試みです。ソフトウェア業界にはびこる多くの問題を解決するために取り組んだ新しいビジネスモデル「納品のない受託開発」について書いています。「受託開発」なのに「納品」をしない、なぜそんなことをやっているのか、そして、なぜそんなことが実現できるのか、その秘密について解説したのが本書です。(著者:倉貫義人 出版:日本実業出版社)