ソニックガーデン家族旅行2017~横浜でクルージング&BBQ~

2017年07月04日

こんにちは!2017年4月にソニックガーデンにジョインした野本です。 6月24日に行われましたソニックガーデン恒例の家族会の様子をお伝えいたします。

ソニックガーデンでは毎年この時期に「遊ぶように働くメンバーを普段からサポートしてくれている家族を労う」ことを目的として家族会を行なっています。

日本全国に散らばって働くメンバーとその家族計66名が今年は横浜に集結し、横浜の海をクルージングしながらのBBQを楽しみました。

自己紹介

まず初めに家族会に参加するのが初めてのメンバーの自己紹介を行いました。 普段からリモートワークをしているので直接会うのが初めてというメンバーもいましたが、バーチャルオフィスのRemottyを使って毎日一緒に働いているので、はじめましてという感じがしなかったです。

リモート飲み会もたまにやってますが、グラスとグラスを直接合わせる乾杯もいいですね。

屋上へ出て大はしゃぎ

お腹を満たした後は船上に出て景色を楽しみます。子供たちも楽しかったようで、いい顔してました。

マジシャン登場

しばらくするとマジシャンが登場。みんな口開いてるよ。笑

お楽しみのゲームの時間

その後は輪投げの時間。みんな仲良く順番を守って楽しんでました。

楽しいのは子供達だけではありません

子供たちが輪投げをしている間、女性陣はペーパータワーという配られた紙をチームでどれだけ高く積み上げられるかを競うゲームをしました。みなさん最初は恥ずかしがっていましたが、ゲームが始まると真剣な顔で取り組んでいました。

船の揺れにも耐えられるように試行錯誤。 チームで協力して楽しんでいただけました。

出来上がった高いタワーを見て社長もびっくり!

楽しい時間はあっという間に過ぎ、クルージングも終わりの時間です。

社長、副社長からの挨拶

最後は社長、副社長からの挨拶。 この7月からソニックガーデンは7期目を迎えます。 ここまで来れたのも支えてくれる家族がいてくれてこそ。 いつもありがとうございます。 これからもよろしくお願いします。

あわせて読みたい


ライティング:野本 司(のもと つかさ)
株式会社ソニックガーデン新卒プログラマ
プログラミング未経験でソニックガーデンのインターンシップに参加。
そこでプログラミングの面白さに魅了され、そのまま入社。

乳がんの病院・名医ガイド『イシュラン』を支える人たち【後編】〜新規事業のスタートに、お金は必要ないかもしれない〜
前の記事 乳がんの病院・名医ガイド『イシュラン』を支える人たち【後編】〜新規事業のスタートに、お金は必要ないかもしれない〜
ソニックガーデン流・プログラマーの働き方|仕事のこと、家族のこと、プログラミングのことを語った座談会
次の記事 ソニックガーデン流・プログラマーの働き方|仕事のこと、家族のこと、プログラミングのことを語った座談会