株式会社SonicGarden(ソニックガーデン)
お問合せ

お知らせ

【完全無料】学生・第二新卒のためのプログラミング合宿『ソニックガーデンジム』を開催 2022年04月19日

募集終了のお知らせ

定員に達したため、申し込みを締め切らせていただきます。
沢山のご応募ありがとうござました。

次回以降(日程未定)の参加をご希望される方は こちらからお申込み下さい。
今後開催する場合、優先的に案内をお送りいたします。

※未経験者向けプログラミング合宿の参加者募集中!
詳しくはこちら

概要

学生・第二新卒を対象にした無料のプログラミング合宿、第2期『ソニックガーデンジム』を2022年6月3日(金)から開催することをお知らせいたします。

本企画ではプログラミング経験者のスキル向上を目的とし、コードレビューの機会を提供しております。 講師が手取り足取り教えるスクール型ではなく、セルフマネジメント型の教育カリキュラムですので、主体的に行動ができて、学びたいという強い意欲のある方が対象となります。

将来、IT業界での活躍を志望する若者を応援したいという想いではじまった企画です。
仲間とともにプログラミング力を鍛えたい方、ご応募お待ちしております。

※ 定員5名に達しましたら応募を締め切らせていただきますので、お早めにお申込みくださいませ。

ソニックガーデンジム

プログラミング経験者が、より良い設計を身につけて、品質の高いコードを書けるようになるために、仲間と共に取り組むことができるのがソニックガーデンジムです。

エンジニアのレベルアップに欠かすことができないのが、熟練者によるレビューです。設計やコードには正解がないため、自分の書いたコードがどれだけの品質なのか、育成してくれるベテランがいる環境に身を置くのが必要だと私たちは考えています。

そこで、参加者共通の課題に取り組み、ソニックガーデンの最前線で活躍するプログラマたちから、設計やコードのレビューを受ける機会を作りました。 レビューを受けることで自分の実力を知ると共に、目指すべき目標地点を知ることができます。

ジムに参加できるのはプログラミング経験者に限ります。努力次第では、一人きりでスキルアップに励むよりも圧倒的な成長を果たせるはずです。

また、参加者として取り組んでいただいた後、次の期では、レビューを行う側としても参加していただく予定です。

【特徴】

  • ソニックガーデンのメンバーがコードレビューを行います。
  • 参加者同士で切磋琢磨しつつ助け合いながら、個人ごとに課題に取り組みます。
  • 課題はRuby on Railsによるアプリの開発です。設計、コード作成、テストおよびデプロイまでを行います
  • 定期的な対面コードレビュー会の実施で良いコードへの理解が進みます。
  • 後期では自身による次期参加者へのコードレビューも予定しています。
  • 完全オンラインで実施し、コミュニケーション可能な環境を用意します。
  • 参加にかかる費用はいただきません

    ※ 対象レベルは最低限、Railsチュートリアルは完了できることを想定しています

【想定対象者】

  • Railsチュートリアルを終えて、何かアプリを作ってみたい方
  • レビューを受けて、もっと良いコードを書けるようになりたい方
  • 自分のコードがいけてるかどうか知りたい腕に覚えのある方
  • ソニックガーデン現役プログラマのコードレビューを受けてみたい方
  • 技術的な相談が出来る仲間がいる環境でスキルアップを目指したい方

【開催期間・内容】

前期: 2022年6月3日 ~ 9月2日
後期: 2022年12月上旬 ~ 2023年3月上旬
後期は課題に取り組むだけでなく、新メンバーのレビュアーとしてもご参加いただきます。
前期と後期の間には、休み期間を設けます。

前期(5期)- プログラマとしてジムの課題に取り組んでいただきます
日時 内容
6月3日 キックオフ
6月1日 〜 9月1日
  • 各自のペースで課題に沿ったアプリを開発
  • 定期的にコードレビューを実施
  • 対面で実施するコードレビュー会の実施
  • ペアプログラミング
9月2日 成果発表会
後期(6期)- 追加の課題のほか、レビュアーとして新メンバーのレビューにも参加していただきます
日時 内容
12月上旬〜3月上旬
  • 参加者の提出するプルリクに対してコードレビューを実施
  • 対面で実施するコードレビュー会に参加

キックオフ・コードレビュー会・中間発表会・成果発表会についてはテレビ会議にて実施します。この4日間は参加必須ですが、それ以外の日程についてはご自身のペースで学習を進められます。
コードレビュー会の日程は参加者の方々と調整し決定します。
上記は追加・変更される可能性があります。

【募集期間・定員】

2022年4月19日 〜 5月13日
ご応募いただいた方から順次WEBテストでの選考を実施させていただきます。定員5名に達しましたら、その時点で募集を締め切らせていただきます。

【場所】

オンライン

【参加条件】

  • 高専、大学、大学院在学の方及び既卒3年以内の方
  • ご自身でパソコンをご用意出来ること(開発環境があれば種類は問いません)
  • インターネット環境が整っていること(光回線を推奨)
  • テレビ会議を円滑にできる環境が整っていること(カメラ・マイク)
  • ジム参加中に発生したコンテンツ(写真・録画・コード・投稿)等を、ジム運営の活用(SNS投稿等を含む)に利用することをご了承いただけること

【禁止事項】

社内研修としてご利用いただくことは原則禁止しております。希望される場合、本プログラムお問合せ先「cc@sonicgarden.jp」にご相談下さい。
また、課題内容の公開は原則禁止とさせていただきます。

開催の想い

私たちソニックガーデンの考えるプログラミングの仕事とは、何を作るのかアイデアを出し合うところから、データやUIの設計を行い、美しいコードを書いて、保守性の高いソフトウェアを生み出し、運用して改修し続けていくことです。

これは、一朝一夕にできるような簡単なものではありませんが、とてもクリエイティブで楽しく、やりがいも大きい仕事です。

私たちは、「プログラマを一生の仕事にする、高みを目指し続ける」という理想を掲げて、プログラミングが好きな仲間達と、切磋琢磨しながら腕を磨いてきました。

もはや、私たちにとってプログラミングは単なる仕事であることを越えて、一生をかけて取り組む道のようなものであり、それ自体を楽しむ道楽のようなものでもあるのです。

この先、ソフトウェアを開発できるエンジニアが社会に求められていくことは間違いありません。そうしたときに、ただ仕事としてプログラミングをするだけではない人たちが増えていけば、素敵な世の中になると考えています。

そのため、これからエンジニアとして働くことを目指したいという若いみなさんへ、私たちの持つ経験や知見を活かし、プログラミングの厳しさも楽しさも知ってもらえる機会を作りたいと企画しました。

ジムでの活動はとてもハードかもしれません。しかし、だからこそ得られる経験は大きいはずです。この機会にプログラミングを仕事にする世界の一端に触れてみませんか。皆さんの挑戦をお待ちしています。

第一期 参加者の声

H.Yさん / 法学部大学4年生

かなり細かいところからコードレビュー時の姿勢まで指摘いただき、これからエンジニアとして働き始める自分にとってはいい勉強になりました。 個人開発ではどのようなコードが美しいかということを考えることがあんまりないので、三ヶ月間良いコードをメンターと議論しながら勉強できたジムはかなり満足度が高かったです。

Y.Aさん / 情報系大学院2年生

レビューの際、修正案をただ提案されるのではなく実装のヒントを教えていただいたので、自分で考えることができ鍛えられました! また、ジムの進捗管理サイトや情報共有の仕組みがあったおかげで楽しく取り組むことができました。課題の内容・量も自分を鍛えるのに適切だったと思います。

T.Rさん / webエンジニア2年目

11月中頃ソニックガーデンさん主催かつ無料でこんなサービスがあっていいのか?と半信半疑で応募しましたが、3ヶ月間ジムに没頭できて良かったです。 業務ですでに出来上がっているサービスを理解しながら追加実装できても腑に落ちないところが多かったため、1からアプリを作成しコードレビューいただきながら作り上げる体験をすることができ、非常に有意義でした。 また会社でコードレビューをする際、ジムで得た知識を還元できていると感じる場面があり、やってよかったなとつくづく思っています。

株式会社ソニックガーデンについて

ソニックガーデンは「納品のない受託開発」を提供するソフトウェア開発の会社です。「納品のない受託開発」とは、お客様と士業のように顧問形式でパートナーとして関わり、月額定額でソフトウェアの開発と運用を提供する新しいビジネスモデルです。

「納品のない受託開発」を提供する顧問プログラマは、直接お客様と話をするところから、設計・実装・運用までを一気通貫で行います。プログラミングを手段に、問題解決をするこの仕事には、「一生の仕事」として取り組む価値があると考えており、ソニックガーデンは「生涯プログラマ」を実現できる場でありたいと思っています。

会社名:株式会社ソニックガーデン
代表者:倉貫 義人
設立:2011年7月1日
URL: https://www.sonicgarden.jp/

ザッソウ 結果を出すチームの習慣 ホウレンソウに代わる「雑談+相談」 管理ゼロで成果はあがる「見直す・なくす・やめる」で組織を変えよう