まずは話を聞きたい
採用サイト
文化を知る

ソニックガーデンの社歌を紹介します

社歌と聞くと、どんなものを想像するでしょうか。校歌のように、合唱をする職場もあるのかもしれません。少なくとも、みなさんの頭に浮かんだものと、ソニックガーデンの社歌はきっと違うものでしょう。

歴史を辿ると2019年、毎年リモートで行われている忘年会で、デザイナーとしてソニックガーデンに長く関わってくれている大島 武宜(おおしま・たけのり)さんが、出し物としてソニックガーデンについて歌った曲を披露してくれたことが発端です。

社内での評判が良かったのもあり、忘年会シーズンになると必ず毎年曲を作成してくださるようになりました。社歌と聞くと普通は1曲だと思うかもしれませんが、そんな経緯でソニックガーデンの社歌は何曲もあります。

全ての社歌が、本当に社歌なの?となるくらい楽しく、軽快な曲調です。でもその中には、ソニックガーデンらしいワードが盛りだくさん。ぜひ歌詞にも注目して聴いてみてください。

今年の社歌

大島さんが作ってくれる社歌は、社長・倉貫といろいろな場面でコミュニケーションをとる中で感じた印象を元に作成してくださっています。

今年は社外向けのイベントに益々力を入れていったということもあり、「採用系社歌」として忘年会で披露してくださいました。

「君を待っている」

【歌詞】
扉をたたく たたく 君を待ってる
扉をひらく ひらく 話をしよう ここから

歩き方は 並んで見せるよ
歩いていこう いこう この世界を これから

変わらないもの ビジョン とともに
変わり続けてくこころ・かたち

納品もないし見積もりもないし
ないないづくしでキリがない
これが音速の庭でぐるぐる回り続けるn2jk

変わり続けることで為す
パフォーマンス最大の問題解決
歓迎します変化と例外
臨機応変に対応するのだ

プルリク作れば飛び交うコメント
文化の一文化コードレビュー
ザザザザッソウとともに振り返り上がる
YWTの解像度

厳しい指導もたまにはござる
自律して育つまでの支援
重きをおきます挑戦と成長
ずっーと続くこの師弟関係

扉をたたく たたく 君を待ってる
扉をひらく ひらく 話をしよう これからも

過去の社歌

2022年から公開されている4曲も合わせて紹介します。 歌詞もYoutubeページに載っていますので、気になる方はぜひご覧ください。

【2022年度版】ぼくらの庭

【2021年度版・創業10周年記念】歩いてゆこう

【2020年度版】慌てん坊のサンタクロース(まんまるメガネのn2jk Ver.)

【2019年度版】赤鼻のトナカイ(まんまるメガネのn2jk Ver.)


いかがだったでしょうか。楽曲が良いと感じた方はぜひ、大島さんの別の作品もチェックしてみてください。

大島さんのXアカウントはこちら

ライティング:小澤未花
2022年に株式会社ソニックガーデンに入社。 弊社運営の初学者向けプログラミング合宿「ソニックガーデンキャンプ」の運営をはじめ、広報・メディア運用などに携わる。
前の記事
弊社ビジネスモデルや働き方に焦点を当てた書籍を紹介します
一覧へもどる
まずは話を聞きたい