株式会社SonicGarden(ソニックガーデン)
お問合せ

藤原 士朗

Fujiwara

これまでの経歴

プログラミングに出会ったのは高校生。すぐにプログラミングに傾倒し、その流れで情報系の大学へ。2004年度にTIS株式会社に入社。アジャイル開発のプロジェクトを経験した後、2005年12月に社内SNS:SKIPを自社向けにリリース。2009年にSKIP事業を専門で行う社内ベンチャー「SonicGarden」に参画、このタイミングでプログラマからマーケティング・営業へとジョブチェンジ。2011年、TISからのMBO(経営陣買収)を行い、ソニックガーデンを創業。代表取締役副社長(COO)に就任し、現在に至る。

現在は「納品のない受託開発」の初回相談(年間100件)を全て担当している。

藤原からのひとこと

ビジネスの損得を一旦置いて、お客様にとって最適な解決方法を一緒に考えます。

藤原さんに質問してみました。

仕事で大切にしていることは?

私のモットーは、
その人以上にその人自身を信じること
そのためには、
その人以上にその人の特性を知ること
そして、
その人以上にその特性を愛すること

将来の夢は何ですか?

常に今が最高の状態で、目標は達成しているようなもの。
自分の幸せな状態がより多くの人が享受できるように。
自分が感じている幸せ(働き方)を、多くの人に届けるにはみんなを支えること。

好きな○○/得意な○○/苦手な○○/嫌いな○○は何ですか?

苦手なこと:ブログ
なのであまり表に情報がでない。

お客様からの声

Kuwako san

プログス 代表 桑子様

NICCOTは藤原さんがいなければ実現できなかったと思います。

当初自分たちのビジネスモデルに若干の違和感を持ちつつ進めようとしていました。そんな中、初期相談の時に藤原さんがふと言った「これはこの業界のベネフィット・ワンですね」という一言に目から鱗が落ちました。それをきっかけに、やるべきことに集中できるようになり、現在のビジネスモデルに落ち着きました。そういった意味では本当に感謝しています。

また、初期相談のときに印象的だったのが「何を開発したいか」ではなく「それによって社会にどのような影響を与えたいのか」を重視していた点です。最初に本質的なところを共有することができたので、その後の開発は同じビジョンを持って進めることができました。

Mochizuki san

プログス 望月様

話の流れを整理するときのホワイトボードの使い方がうまく、理路整然とまとめてくれます。
その結果全員が同じイメージを共有することができるので非常に助かっています。
ホワイトボードが輝いていました。

Okudaira san

株式会社 絵本ナビ 奥平様

非常に柔軟で合理的な方だと思います。
契約をする際に藤原さんが交渉窓口だったのですが、議論の中でお互いが納得できるポイント探り、合理的に話を進めていくことができたと思っています。その結果、納得感を持ってお願いすることができました。

現実的にどうするべきかというところに関して、しっかりとした提案を頂いたという印象があります。

メンバーからみた印象

Mah

頼れる兄貴。本当に困ったときは何とかしてくれる。今までも何とかしてもらってきたので感謝している。仕事の上では一番感謝している。

Ohno 2016

社内ではドジと言われているけど、お客様の前ではそれを感じさせないしっかり感がでている。一緒にお客さんとの仕事をしているけど、とても頼もしいコンサル力で流石だなと思う。

Junpei

お母さんであり、お父さんであり、お兄さんでもある。今後社会人としてやっていく上で大切なことをたくさん教えてくれます。
お客様の会議に同席させてもらったとき、相手のメリットを第一に考えて、話の流れを汲んで瞬時に複数提案をしていた姿を見て感動しました。普段の何気ない会話も面白く、話芸の達人だと思っています。

メンバー一覧に戻る